二つのメリット|賃貸管理システムを使って気軽に管理してみましょう
メンズ

賃貸管理システムを使って気軽に管理してみましょう

二つのメリット

マンション模型

賃貸物件の契約をするときは、必ず家賃の保証人が必要になります。家賃の保証人は、借主が家賃を支払うことができずに滞納が続く場合代わりに支払う義務を課されてしまうため、親しい身内や親戚がいない人にとって他の人にお願いをするのは難しいことです。そのため、借りたい家に住むことができず困ってしまう人も少なくありません。しかし、賃貸保証会社を利用すれば連帯保証人が居ない人でも入居したい部屋に住むことができます。賃貸保証会社とは、借主に変わって毎月の家賃を保証してもらうことができます。会社によって保証される金額は違ってきますが、だいたい30パーセントから100パーセントの保証をしてもらうことができます。そのため、パートやアルバイトで収入が安定していない借主でも部屋を借りることができるのです。もちろん、借主が家賃を支払えるときは借主が支払わなければいけません。賃貸保証会社が保証している家賃は、そのまま借主の借金になっていくため、滞納すればするほど負担は大きくなります。賃貸保証会社は家賃の他にも、明け渡し訴訟費用や残置物撤去などの費用も保証してくれます。また、ローンを組んでアパートやマンションの経営をしているオーナーにとってもメリットはあります。毎月の収入が安定するといったメリットの他に、家賃の催促をする手間を省くことができます。このように、借主にとってもオーナーにとってもメリットがあるのが賃貸保証会社です。